<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 確定申告の季節です。 | main | FACEBOOK始めました。 >>
AKB48入門

東京ポッド許可局も好評な、アベ氏ことサンキュータツオさんの新しく始まる連載を撮影させてもらえることになったので、記念に(というか、何の因果か、というか)AKBのドキュメンタリーを見に行きました。ええまだDVDは出ていないので劇場へ行きましたの〜。

後味は爽やかで、闘っている(戦わされてる)彼女たちに親近感すら抱いて帰ってきました。
これがただのアイドルのドキュメンタリーと差別化できていたのは、まず、48人×3?+研修生おおぜい、という大所帯アイドルの異様さ。そして、それを総動員して行われる総選挙という儀式(装置?)のえもいわれぬにぎにぎしさ。夢を見ているというより痛々しい。そこに萌えろということか。
それから震災。津波で建物いっさいがなぎ倒された土地と、自衛隊のトラックや行き来する迷彩服の自衛官たちと、ミニスカート姿の無防備な少女アイドル。この組み合わせがひどくアンリアルで胸に響いた。不謹慎だけど、すごい絵撮るなと思った。「アンリアル」が「胸に響く」なんて、やはり去年は特別な年で、継続していたものだけがそれを捉えることができたんだ。

なんだろう、それでも残る、この奇妙な感じ。
でもこれが現実で、これがいま日本で一番支持され人気のある女性アイドルなんだねー。いやはやいやはや。

 
COMMENT